画面に見たものがそのまま印刷される仕組み

パソコン等で編集したものをプレビュー画面で印刷すると、そこで見たままのものが出てきます。今では当たり前のような感覚で行っている作業ですが、実は、コンピューターがGUIと呼ばれる、今のようなグラフィカルな操作画面になる前の、コマンド入力による作業が中心の頃には、画像や文字を出力するのは大変な作業が必要でした。その後、WYSIWYGと呼ばれる、画面の見た目と出力結果が一致する環境が登場してから、ほぼ今と同じようなプリントができるようになってくるようになりました。それでもパソコン内部で管理する画像の単位と、プリンタが理解できる画像の単位の違いから、まだ画面とプリント結果の間には差が存在していました。プリンタメーカー毎に仕様が違っていたことが大きな要因です。現在ではその規格もPostScriptと呼ばれる記述言語によって統一され、ほぼ画面と出力が一致するようになってきています。

プリンタ印刷の違いを吸収するPostScript

PostScriptというのは、ページ記述言語と呼ばれるスクリプトのひとつです。以前は、プリンタのメーカーや製品ごとに独自の仕様を持っていたために、パソコン上では同じ画面であっても、印刷するプリンタ毎に出力結果が異なってくるというのが当たり前の状況でした。この差を吸収するために登場した技術がPostScriptです。現在では標準的な仕様となっていますが、これはデータを記述ルールに合わせて、文字や図形・画像の位置や大きさなどを記述し、それをRIPと呼ばれる技術でビットマップ画像に変換することで、どのPostScript機能を搭載しているプリンタであれば、どのメーカー、どの製品のものであったとしても、同じ出力結果となる仕組みとなっています。もちろんインクの違いによる差は出てしまいますが、文字や画像の位置や大きさは統一されています。

印刷業界の標準技術、PostScript

PostScriptは、メーカーや製品毎に異なる印刷の仕様を統一したページ記述言語です。現在ではほとんどのメーカーや製品が対応しています。これはパソコンから出力されたデータを、プリンタがページ記述ルールと呼ばれるものに従って解釈し、RIPと呼ばれる技術によってビットマップ画像に変換して出力します。DTPの普及に伴って、誰でも画面で仕上がりを確認しながら、そのまま出力したいというニーズが高まり、PostScriptはいっきに普及していきました。その結果として、専用のシステム機器を使って行われていたプリプレスと呼ばれる印刷工程の現場においても、このPostScriptを使ったDTPによる制作システムの導入が進んでいくようになってきました。現在では、業界においてPostScriptは標準的な技術となっています。

Leave a comment

(*) Required, Your email will not be published

*